頑張らない!挫けない!マイペースでキレイになる美的習慣(Custom Beauty Media)

美的習慣|毎日が美的習慣なら頑張らなくてもキレイになれるカスタムビューティーメディア

化粧品成分

【薬用化粧品の効果効能とは?】医薬部外品は化粧品より期待できるって本当?

薬用化粧品と普通の化粧品

薬用化粧品や医薬部外品という言葉は、CM広告や化粧品などのパッケージでよく見かけますよね。

「薬用」と表示されていると効果がありそうなイメージですよね。

美白化粧品で悩んだら「薬用美白」と書いてあるものを選んだことがある方は多いはず。

しかし「化粧品と何が違うのか?」をご存知ですか?

化粧品・薬用化粧品・医薬部外品の違いは?

大きなカテゴリーでは「医薬品・医薬部外品・化粧品」の3つがあります。

  • 医薬品は治療を目的とするもの
  • 医薬部外品は、主に「予防」を日的とする医薬品と化粧品の中間的な存在
  • 化粧品は人体への作用が穏やかで、髪や皮膚、爪の手入れや保護などに用いられるもの。

カテゴリー

詳細

医薬品

治療を目的とするもの

医薬部外品

主に「予防」を日的とする医薬品と化粧品の中間的な存在

薬用化粧品

化粧品

人体への作用が穏やかで、髪や皮膚、爪の手入れや保護などに用いられるもの

医薬部外品は医薬品ほどの治療作用はないけれど、医薬品的な効果が多少ある成分が配合されているもの。

医薬品的な効果が多少ある成分が配合されているので取り扱いに少し注意が必要な製品です。

医薬部外品の例

  • パーマ剤、染毛剤
  • 制汗剤やデオドラント剤
  • 入浴剤など

化粧品メーカが化粧品を販売するにあたって、普通の化粧品と薬用化粧品では手続きにも違いがあります。

化粧品は製造販売業の許可だけで化粧品を販売できます。しかし医薬部外品は、化粧品製造販売業の許可に加えて製品の承認と審査が必要です。

「●●の有効成分を配合するので美白効果がある」というようなデータと書類を提出して審査を通過する必要があるのです。

効能が認められて承認された製品だけが「薬用化粧品(医薬部外品)」として販売されています。

化粧品・薬用化粧品(医薬部外品)の違い

  • カテゴリーの違い
  • 販売するにあたっての手続きの違い

薬用化粧品は医薬部外品の中の1つで「医薬部外品として認められた化粧品」が薬用化粧品と呼ばれています。

医薬部外品

医薬部外品=薬用化粧品

  • 化粧品よりも扱いに注意が必要である
  • 医薬品ほどではないけれど、予防効果が期待できる

医薬品ほどの効果はなものの、普通の化粧品よりは「予防効果を期待できる」ものです。

スキンケアの医薬部外品では、美白や抗炎症、ニキビ予防や薬用リップクリームなどに多くの薬用化粧品

たとえば、一般の化粧品ではうたえなかった「美白成分」が「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ有効成分」として認められています。

薬用化粧品は有効成分をアピールできるところがメーカーにとっては最大のメリットです。

もちろん、消費者も目的を絞り込んで選べるので、薬用化粧品には非常に意味があると思われます。

医薬部外品として販売するためには厚生労働省の許可が必要

医薬部外品として認可されたことがない成分を厚生労働省へ認可申請を出す場合「○○という成分を何%配合したら〇〇の働きがあった」など膨大な実験データを提出し手続きに数年かかることもあります。

しかし一度認可された成分は前例となるため、2回目以降の許可は通りやすくなります。

とはいえメーカーが成分の認可を受けた場合、ライバルの他社化粧品メーカーに、苦労して申請したオリジナルレシピは企業秘密なので情報公開はされません。

他社は配合割合などの作り方がわからないので同じものは作れないし、研究開発や成分の許可申請に時間もコストもかかるため、小さな会社に同じことができない現状があります。

医薬部外品を販売するのは大手メーカーだけではなく化粧品の原料を製造してメーカーに販売する原料の会社が許可を取ることもあります。

原料会社が成分の許可をとった場合は、原料とオリジナルレシピをセットでメーカーに販売するので、小さな化粧品メーカーも医薬部外品を販売することができるのです。

メーカーが成分の許可を取った場合でも、ある程度製品を作り出した後に原料やオリジナルレシピを公開して権利収入を得る場合もあります。

医薬部外品の有効成分の背景には、会社として収益を上げるための、大人の事情が絡んでいることが見えてきますよね。

なぜ薬用化粧品(医薬部外品)と化粧品を分けたのか?

世界的な視野で見ると日本製の化粧品を輸出入する際に「医薬部外品(薬用)って何?」という問題が起こり、この曖昧さを批判されることがあります。

日本以外にも韓国やアメリカでは医薬部外品に似た制度があるようですが、ヨーロッパ圏にはありません。

医薬部外品という言葉を外国の言葉に翻訳すると「医薬品カテゴリーには含まれないもの(薬用)」というニュアンスに翻訳されて混乱を招くことが想像できますよね。

なぜ日本に医薬部外品というカテゴリーが存在するのでしょうか?

  • 製造販売側のメーカーからすれば、医薬部外品(薬用)という表示で差別化することができます。
  • 消費者側の「もっと効果のありそうなものを選びたい」というニーズを満たすことができます。

効能(こうのう)は、ある物質の作用によって得られる効果のことである。医薬品のように服用や塗布によってその効果を得るもの、温泉のように入浴飲泉によって効果を得る場合などがある。

引用元: Wikipedia「効能」

「温泉に入ると美肌になる」と思って温泉を楽しめば、心も体もリラックスして結果的に効果を感じることができる。

効果(こうか、effect)は、一般的にある特定の行為動作操作によって起こった、ある特定の好ましい現象をいう。

科学実験でおこった現象営業宣伝展開、スポーツでのポイントの取得など、さまざまな場面で、「効果があった」という言い方がされる。

引用元: Wikipedia「効果」

医薬品のように作用する成分が入っていないとしても医薬部外品というラベルがつくことで効き目があると信じて使い続けることで症状が改善することをプラシーボ効果(プラセボ効果)と呼びます。

「信じる者は救われる」や「病は気から」という言葉があるように、化粧品も自分に合っていると思って使い続けることで効果を発揮するのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Keiko

Keiko

育児中で自分の美容に手間をかけることができなくなってきました...ゆらぎやすい肌質で疲れやストレスで敏感肌になることがあって、化粧品の化粧品成分の分析方法や効果的な使い方を研究するべく、色々なコスメを試しています。 忙しいからこそ、習慣にしてしまえば頑張らなくてもキレイになれる!と信じています。

-化粧品成分

Copyright© 美的習慣|毎日が美的習慣なら頑張らなくてもキレイになれるカスタムビューティーメディア , 2019 All Rights Reserved.